ビタミンCサプリメントを飲むタイミングは?効果をアップさせる飲み方もご紹介

ストレスフルな毎日に効果的なサプリメントはビタミンC。家事に育児に仕事に介護に忙しい現代人には欠かせないビタミンCサプリの効果的な飲み方や摂取するタイミングはご存じですか?

この記事ではビタミンCサプリメントを飲むタイミングや効果的な飲み方、さらにはサプリメントを摂取するときの注意点などを詳しく述べていきます☆

ビタミンCサプリメントを飲むタイミングは?効果をアップさせるには?

ビタミンCサプリメントを愛用している人は少なくありませんが、サプリメントの上手な飲み方とはどんなものでしょう。

サプリメントのメリットを上手に引き出し、活用できる飲み方をしたいものです。

サプリメントの効果をアップさせる飲み方で大事なことは、常温のミネラルウォーターで飲むということです。適量の水は胃袋の働きを向上させるといいます。

胃がほどよく動くことによってサプリメントが消化され、小腸に送りこまれていきます。水道水はカルキが多く余りたくさん飲みたくありませんし、冷やした水を使うと胃腸に負荷をかける恐れがあります。

もちろんカフェインが入っているお茶やコーヒーなどで飲むことは論外です。

お水で飲むことが、サプリメントの正しい飲み方として最も理に叶っています。

どんな飲み方をすることが望ましいのでしょう?

それは、容器などに記載されている内容をきちんと守ることです。特にビタミンCは尿と共に流れ出ていくので、時間帯が偏らないように満遍なく飲むことが大事と言えます。ご自身の愛用のサプリメントのパッケージを今一度しっかり読んでみましょう。

多く飲めば飲むほど効果があるということはありえません。基本的な飲み方をしっかりと守るようにしましょう。

そして、サプリメントを飲むタイミングも効果的な飲み方に影響してきます。

食事をしてから30分以内にサプリメントを摂取するといいでしょう。食前より食後の、お腹に何か入っている時がいいようです。

一般的にサプリメントは、3ヶ月ほど継続することで効果が体感できます。効果がないとすぐあきらめないことも、サプリメントの飲み方として大切なことだといえるでしょう。

ビタミンCサプリメント以外で補いたい栄養素

ビタミンCは現代人の生活の中では何かと不足しがちで、数ある栄養素の中でも補いたいものNo.1です。ビタミンCは主に野菜や果物に含まれている栄養素で、外食が多い人は不足しがちです。

安く手に入ることや種類豊富なことから、ビタミンCサプリメントは馴染みの深いものです。

ビタミンCサプリメントの利点として、水溶性のビタミンCは多く摂取しても体の外に出てしまい、飲み過ぎの症状が出にくい点があります。

ビタミンCの効果は免疫力アップ、粘膜のガードなどがあります。

ビタミンC以外にはサプリメントから補充したい栄養には何があるでしょう。

日本人の食習慣を考えた時、健康を保つために必要な栄養が充分でない場合があります。そんな時はサプリメントの出番です。食事だけでは足りない分をサプリメントで補いましょう。食事のサポートとしてサプリメントを使うことで、健康的な体質管理が可能です。

小魚類や乳製品に多いカルシウムは、魚を食べる日本人が減少していることもあり、何かと減りやすい成分です。体内への吸収力の悪さもネックになっているといえるでしょう。

カルシウムは骨に存在する重要な栄養成分であり、サプリメントでしっかり補って骨粗しょう症予防にも役立てたいものです。

手軽に扱えるサプリメントは、とても嬉しい存在です。

カルシウムが主成分のサプリメントは吸収をよくするため、ビタミンDを一緒に配合していることが多く、より効率的に栄養を摂取することができます。

ビタミンCサプリメントを使う際の注意点

健康に美容に役立つとして、たくさんの人から愛用されているビタミンのサプリメントですが、弊害について考えておかなければなりません。

ビタミンや、ミネラルといった、体にいい栄養が配合されているサプリメントを使ったために、望ましくない作用が現れてしまったという可能性はあります。

身体が必要としている量以上の水溶性ビタミンを摂取した場合は、使い切れない分が体外に出されます。ビタミンCは水溶性ビタミンとして知られており、ビタミンCサプリメントを摂りすぎても、過剰分は排出されるだけで弊害にはなりません。とはいえ、ビタミンCを過剰に摂取したために尿路結石になってしまったという人もいますので、油断は禁物です。

水溶性ビタミンと違って、脂溶性ビタミンの過剰分は体内に残ります。健康や美容に作用する成分なのは確かですが、過剰に摂取することで副作用が出る報告がありますから、サプリメントに頼り過ぎることで知らないうちに過剰摂取してしまう危険があることを覚えておかなければなりません。

ビタミンAや、ビタミンEは特に注意が必要な脂溶性ビタミンです。ビタミンAの摂りすぎは、妊娠しているとお腹の赤ちゃんの成長を妨げます。脂溶性のビタミンを大量に摂取したために、倦怠感が強く、身体がむくみやすい場合があります。

飲み過ぎによるトラブルを防止するためには、まずは適量を把握することです。

1日に使うサプリメントの量を把握して、適切な飲み方をすることで、サプリメントの安全性は高まります。サプリメントを飲む時は、多く飲めばすぐ治るという簡単な話ではないので、まずは相手の話を効いて意向を活用しましょう。

関連記事:通販でサプリメントを買うメリットやデメリットは?格安に買う方法もご紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です