紫外線は肌トラブルの大きな原因!紫外線から肌を徹底的に守るには?

肌トラブルで悩んでいる方、それは紫外線による影響が大きいかもしれません。

紫外線がどのように肌トラブルを引き起こすのか、そして紫外線による肌トラブルを徹底的に守るケアとは?!

さらには、紫外線対策は子供も必要なのかについて記事をまとめています。

紫外線は肌トラブルの大きな原因!~紫外線による肌への影響~

紫外線の作用で肌トラブルが悪化することがありますので、紫外線から肌を守ることが重要になります。

10代、20代のころは、ホルモンの働きによって、にきびができやすいことが多く、にきびトラブルの対策が必要です。

年をとると皮膚の新陳代謝が十分に行われてなくなって、古い皮膚が毛穴を塞ぎ、吹き出物ができやすくなることに加え、肌の乾燥、シミ、しわといったトラブルも増える可能性も出てきてしまいますよね。

肌トラブルは、気持ちに引っかかりがある時や具合が悪い時だけでなく、睡眠不足や消化不良などでも発生します。つまりストレスなどの内的要因も影響します。

そして、外的要因で特に重要なものが、紫外線による肌への影響についてです。

紫外線がどのように肌トラブルを引き起こすのでしょうか。

・紫外線A波:

紫外線の90%がこちらの紫外線A波で、窓を貫通してまでお肌に降り注ぐ波長が長い紫外線です。しわやたるみを引き起こす要因と言われています。

・紫外線B波:

波長が短い紫外線ですが、日焼けや色素沈着を引き起こし炎症を起こす可能性もある紫外線です。シミの主な原因となります。

どちらの紫外線も嫌ですね(´;ω;`)

太陽の光に含まれている紫外線は、肉眼で見ることはできませんが、いろいろな数種類の波長が混在し皮膚の乾燥を悪化させ、しわやシミの多いお肌にしてしまうという作用があります。

紫外線は肌トラブルの大きな原因!~紫外線から肌を守るには~

紫外線から極力肌を守るには、一般常識としては日焼け止めクリームを使うほか、紫外線を防ぐ日傘、帽子、上着を着て、紫外線が皮膚に届かないようにすることが挙げられます。

最近では、UVブロックの窓や障子などもありますね!でも気軽に対策できるのは毎日身に着けるものからではないでしょうか。

内側からのケアとしては、心身ともにストレスなく健康に良い過ごし方をすることで、肌トラブルは発生しにくくなります

肌トラブルはシミやしわが多くなるだけでなく、乾燥肌によるかゆみやかさつきも悩みの種ですので、紫外線対策は万全を期しましょう。

紫外線は、太陽光が強い時だけ強くなるというイメージがあります。日光による日焼けや紫外線の肌への作用は、陽射しが強い日が増え気温が上がってくると意識するようになります。

実は春でも、冬であっても曇りの日でも、常に少しずつ降り注いでいるので、年中紫外線対策は必要です。特に4月~5月は何気に紫外線量が多いので注意が必要です。

夏は子連れの方などは、公園や海水浴などで一日中、日光の下で活動をする日もあるでしょう。

日焼けは、医学的にはやけどと同じことです。肌に対するダメージも決して少なくありません。

急な日焼けは肌が熱を持つ原因になったり、痛みや腫れの原因になります。

対処を間違うと水ぶくれができたり、皮がむけることも珍しくありません。肌が弱い方などは経験されたこともあるのではないでしょうか。

火傷と急激な日焼けとの間に差がないことがわかります。紫外線はそれだけお肌への大敵なのです。

近年の調査では、日焼けにより、肌のしわやかさつきなどが引き起こされることがあり、シミやそばかすももちろん日焼けの影響が大きいです。

シミやくすみは、できてしまったからでは対応が難しいものです。日頃から紫外線予防をすることが、美白ケアにもなります。

朝起きて、窓からカーテンを開け、降り注ぐ紫外線も影響があるでしょう、先ほどでてきた紫外線A波ですね。お洗濯でベランダに出る際にも日除け帽子や日焼け止めクリームで対策するほうが良いでしょう。

朝起きてスキンケアが終わったら、仕上げのクリームに日焼け止めクリームを混ぜ込んでしまうこともおススメです。

近年では、日焼け止めクリームの他にも紫外線の肌への影響を防ぐファンデーションや衣服などもあります。多くの人が、UVカット商品を活用しています。

紫外線の肌への影響が、加齢による影響以上に肌を老化させるともいい、しわやたるみが増える要因となります。

しわやたるみが一度できてしまうとその後のスキンケアでリカバリーをすることは時間がかかります。

家庭でできるスキンケアには限界がありますので、症状が深刻化しないようなこまめなケアが大切になります。

たるみやしわができにくい肌でいるためには、紫外線に対するケアを怠らないことです。ちょっと庭先に出るくらいでも、5月~9月ごろの紫外線は特に強いので対策が必須です。日焼け止めクリームをこまめにつけ直したり、日傘やサングラスを活用することで、紫外線の強い季節を乗り切りましょう。一見、日差しがそれほど強くない冬のさなかでも、地表からの紫外線の照り返しがかなり多いことがあります。

紫外線から肌を守る必要が常にありますので、曇っていても、雨の日でも、紫外線を意識したケアが大事です。短時間の外出でも、日焼けどめクリームをつけてお肌を守るようにしましょう。

外出の予定がない日でも、窓の近くにいれば窓越しに紫外線は肌に届いていますので、日焼け止めクリームをつけてケアをしたいものです。

紫外線は肌トラブルの大きな原因!徹底的に肌を守るには?子供も対策が必要?

最近、紫外線対策を重視する人が多くなってきています。紫外線によって肌にダメージを受けるのは、大人だけではなく、すでに子供のうちから始まっているので早めの対策を心がけたいものです。

紫外線ケアは、なぜ、お肌に必要なことと言われるのでしょう。夏に真っ黒の日焼けした子どもを見ると健康的でいいと思う人が少なくないでしょう。少し前までは、日焼けをすることは体を丈夫にすることだと思われていましたが、今ではそうとはいえません。

紫外線が体にどういった作用をもたらすかがわかった以上は、女性がお肌を守るだけでなく、幼児や子供を紫外線からガードすることを検討する必要が出てきているのです。

紫外線を浴びつつけることは、皮膚のシミやしわが増えるほか、白内障や皮膚がんにかかりやすくなるといいます。感染症から体を守るお肌の機能も、紫外線によって下がります。かなり前から、アメリカやオーストラリアでは、紫外線が体にマイナスの影響を与えると言われていました。

子どもが紫外線から身を守れるように、大人の側が配慮をして、様々な紫外線ケアを行っています。

日本では、まだまだ美容の観点から語られることが多く、紫外線に対する認識があまいと言えます。紫外線に対する備えは、大きくなってから行うのではなく、成人する前から習慣的に紫外線予防をしておくことが、ポイントだといいます。小さいうちから、紫外線ケアを習慣づけておきましょう。未就学児童の段階で紫外線ケアを怠りなくしておくことで、成長してからの健康やお肌の状態に、密接に関与してくるものだといいます。

紫外線は肌トラブルの大きな原因!徹底的に肌を守るには?

少量の紫外線は骨を丈夫にしてくれると聞いたことがありますが、尋常ではない夏の日差しはやはり肌トラブルの大きな要因となっているようです。

子供は健康的に日焼けすればいい!日焼けなんて気にしない!は一昔前のお話のようです。ぜひ、ご自身だけでなくお子様の肌も紫外線から守ってあげてください。

徹底的に日焼け止めクリームでの紫外線ケアやUV加工が施された帽子や衣類を身につけることを実践していきたいものです。

関連記事:RF28 Wエフェクトアイクリームはシミ・シワに効く!?悪い口コミ・良い口コミ? | World fine cafe (vast-universe.net)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。